部屋に写真を飾る簡単な方法!

どうも! またまた・・ご無沙汰です。

また、前回の更新から時間がたってしまいました。

最近忙しくて、なかなか休みが取れなくって・・・・

忙しいといいながら、最近は五等分の花嫁にハマってました。
何故かkindleで全巻買ってしまった・・・・
続きが気になる・・・

まぁ、そんなことは置いといて、
今回は簡単に部屋の壁を傷つけないで
簡単に写真を飾る方法を書いてみたいと思います。

なぜ、こんな記事を書こうかと思ったのかと言いますと、
先日友人の子供が1歳になったので、
バースデーフォト?家族写真?
を撮ってきたんです。

今日は休みだったのですが、東京は生憎の空様で
モノクロ撮るのには向いてないので、部屋で色々作業してました。

その時に先日撮った写真をPCで編集して友人にメールで送ったのですが、
せっかくなので、撮った写真を
パネル加工にしてプレゼントしようと思って
パネルをヨドバシで買ってきたんですが。

いざプリントしようと思ったって久しぶりにプリンター動かしたら・・・
メンテナンスで一気にインクが減って・・・
レッドのインクが無くなってしましまい、印刷できず
プリントはお預けになってしまったので・・・
さすがにもう一度ヨドバシ行くのはめんどくさいので・・・
久しぶりにブログ書くことにしました。

写真をパネル化して飾ってみよう!

写真を壁に飾るのは何か良いですよね?

でも額に入れたりして壁に傷をつけるのが心配な人も

パネル化して飾る方法なら簡単にできておススメですよ!

それでは、写真をパネル化する方法を紹介してみようと思います。

用意するのは、写真のプリントと
貼りパネル(ピタパネ)というものの2種類です。

今回はA4のパネルに無理やり六つ切りのプリントを張っているので、
ちょっとパネルを加工しています。 
プリントサイズに合わせたパネルを買ってくれば、
加工しなくていいので簡単ですよ。

次にやるのはパネルを写真に張る作業です。

パネルの端を少し剥がして、タオルなど抑えながらゆっくり貼っていくと
空気を入らなくて綺麗に貼れますよ。
大きいサイズを張るときは慎重にやりましょう。

練り消しを丸めよう!(ブル タック)

写真展の時によく使ってた方法なんですが、
壁を傷つけられない場所で展示するときには、よく練り消しを使ってました。

みんな練り消しって言ってたので練り消しだと思ってたのですが、

BLU・TACK(ブル・タック)って言うんですね、これ!

Amazon.co.jp: BLU・TACK(ブル・タック)汚れ・キズを残さない粘着ラバー: 家電・カメラ

これを小さく切って 指でこねて丸めます。

まぁ、練りけしと言われる所以ですよね?

このぐらいのサイズなら4か所もはらなくても平気そうですが、
四か所止めます・・・

あとは、壁に貼り付けて、完成です。

どうですか?

意外と簡単ですよね?

一枚じゃ物足りないので、もう一枚貼ってみました。

これだけなら簡単ですよね?

簡単にはがせるので、気分で張り替えても良いと思いますよ!

ホント思ったよりも簡単なんで、

あなたも部屋に写真を飾ってみてはどうですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする