異種族レビュアーズ打ち切りと富士フィルム炎上問題に対して思ったこと。

どうも、お久しぶりです・・・・

風邪ひいたり・・・ 仕事が忙しくなったり・・・
ワードプレスが調子悪かったりで更新遅くなってしまいました。
すいません・・・・

ワードプレスはプラグインの更新中にpcの電源(バッテリー切れで)
落ちてメンテナンス中にずっとなってしまっていて困っていましたが、
ネットでググったら無事解決しました。 
てっきりサーバーがメンテナンスなんだと思って放置してましたよ・・・
いつまでも終わらないメンテナンスだと思てググったらあっさり解決しました。

そんなわけで・・・もう2月ですね・・・

2月と言えばコレですよ?

そうです・・・

りゅうおうのおしごと最新刊の発売ですね・・・

待ち遠しい・・・・

これを楽しみに生きてきたので・・・・


でも最近悲しいお知らせが2つほどあったので・・・

今回はそんなことを書こうかと思います。

異種族レビュアーズ放映中止

まずはコレです・・・ 異種族レビュアーズ放映中止

 東京メトロポリタンテレビジョン(MX)は7日、異世界の性風俗店を題材にした深夜アニメ「異種族レビュアーズ」を放送中止にすると、番組ホームページで発表した。MX広報は「編成上の都合」としている。 番組…

まぁ・・しょうがないよね でも悲しい・・・
よくここまで放映してくれた 拍手・・って感想ですね!

色んな意味で超危険な最先端ファンタスティックコメディ「異種族レビュアーズ」が2020年1月TVアニメ放送開始!多種多様な種族が暮らす世界を舞台に、異種族娘たちが営むムフフなお店に通い、そのサービスの全てを余すことなくクロスレビュー!

でも・・・何かすぐに苦情を入れる社会って変じゃないですか?
公園で遊んでる子供がうるさいとか???

 何かどんどん息苦しい世の中になってませんか?

まぁ・・・異種族レビュアーズの話はこれぐらいにして・・・


今回は富士フィルムの炎上の件をメインで書こうと思います。



最初に結論から書くと・・
今回の事で写真が撮りずらい世の中になってほしくないなぁと思います。

今回の問題について何が問題だったんでしょうか?


富士フィルムがとある写真家の撮影風景を使った
カメラのプロモーションビデオを公式にアップしたんですが?

その撮影手法が物議をかもして・・・クレームが多発して

すぐに富士フィルムが動画を削除してしまったのが、問題になっています。

富士フイルムが本日2月5日に発表したコンパクトデジタルカメラ『FUJIFILM X100V』。その公式プロモーション動画として『YouTube』にアップされた動画が炎上しています。

この問題の動画もYouTubeで富士フィルム炎上って検索すれば・・・

誰かが違法アップロードしてるのが拾えると思います。

この動画をみると違法アップロードしてる人が儲かってしまうので・・・

ですが一部動画をカットしたものを見るよりは全編の方を見た方がマシだと負います。 
今回の動画を見て思ったんですが、
この写真家さんはかなり攻めた撮影をしているなぁ・・・
動画作った人が過剰に演出の意図があったのかなぁ・・
これは物議をかもしそう・・・と思いました。

だからと言ってこのやり方が良いいとも思いません・・・

今回の動画を見ての感想


自分はストリートスナップも好きなんですが・・・

最近はやっぱり撮りにくい世の中になってしまったので・・・

そういう撮影からは逃げてしまった人間なんで・・・

昔15年くらい前はこういうのを結構撮ってました。 
シャッタ-音の大きいハッセルで撮ってるんで隠し撮りではないですけど・・・


でも、最近はこういうのが撮りずらい世の中何で・・・

基本隠し撮りではなく堂々と撮ってれば・・問題ないと思うんですが・・

最近はストリートスナップでも三脚を使って目立つように
撮る撮影手法に逃げました・・
こんな感じで被写体をブラして撮るのがメインになっています・・・

まぁ・・簡単に言えばビビッて逃げたんですね・・・





なので、今回の写真さんみたいに攻めた写真を撮ってる人はカッコいいと思う。

Tatsuo Suzuki - Born in Tokyo, and began photographing in 2008.

こういう攻めた写真を撮ってる人はすごいって思います。


でも、これってやっぱり普通の方の感想とは違ってしまうんですよね?

富士フイルムは2月5日は批判の声が殺到している、プロモーション動画について、「視聴者の皆様に不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます」と、公式サイト上で謝罪しました。 問題の動画はこれです▼ ※問題 …

世間の反応って怖いですね・・・



この写真家さんは前から
すごいカッコ良い写真をを撮る人と

思ってたんですが・・・

コレで物議を醸してしまうとは・・・・・・

海外にはもっと過激な撮影をしている方がいるんですよ!

海外の写真家でブルース・ギルデンという
有名な写真家がいるのは知ってますか?

こちらのページで詳しく紹介されています。

キャンディットフォトという言葉をご存知であろうか? 自然な表情を捉えるために、街中の人々を承諾なく撮影することである。混同しがちであるが、軽犯罪法や迷惑防止条例の定める法解釈では、俗にいう「盗撮」とは異なる。とはいえ、街中でいきなり知らない人に写真を撮られていい気がするものではない。しかし、世界的に...


ストリートスナップ(キャンディト フォト)では
こういう撮影手法を撮っている人が
一部でいるということもしていて欲しいです。
(ただこれが認められてるわけではないです)

日本で問題になっている今回の件よりももっと過激な撮影手法ですよね?

あと・・・今回のは盗撮ではなく  キャンディッド・フォト だと思う。

でも、だから今回の件が問題ないと言いたいわけじゃないんですよ!
盗撮だ・・・ 写真を撮る姿が気持ち悪いとか・・・
そういう意見は何か違うと思うんです。
(でもに日本でこういうのが受け入れられないのもわかります。)

今回の件の問題はプロモーション動画を作った人が
結構演出してると思うんですよ! 
炎上覚悟で話題を狙うというか・・・
こうなることは何となく予想できたと思うんですよ。

それでもOK出して世に出したんなら・・・
写真家を切り捨てるんではなく・・・

日本にもこんなぁ攻めた写真家がいるんだって
最後まで貫き通して欲しかったです!! 
ただ謝罪して削除するんではなく・・・
盗撮ではなく キャンディッド・フォトだと説明して欲しかった
(謝罪でこういうことをいううともっと炎上しそうですけど・・)

キャンディッド・フォト とはなにって方は↓の方のページが参考になるかも?

炎上ネタだとかゴシップネタに普段あまり興味のない僕なのだが、最近の富士フイルムのX100VのPVが炎上している件に関しては嫌でも耳に入ってしまう。 僕はそのPV自体は見ていないのだが、写真家の鈴木さんの撮影スタイルが世の中の気に障ったらしい。 なので鈴木さんの撮影風景などを収めた動画をYouTubeなどで見てみた。...

あと今回の問題でストリートスナップ=盗撮みたいな
イメージがついてしまうのが、一番怖いと思います。

世の中が写真を撮りにくい世の中になってほしくないです・・・・
  

ストリートスナップと盗撮 肖像権侵害について・・・

自分もまえから気になっていて・・・

↑でやってる著作権と肖像権のワークショップを受けたこともあります。

がもう一度勉強しなおそうと思います。

こういうのが参考になると思います。

 肖像権問題はその微妙な性格から多くの誤解を生み、スナップ撮影の萎縮ムードをもたらしている。今回はスナップの「撮影」と「発表」のシーンで注意すべき点をピックアップ。「アサヒカメラ」11月号では、「スナ...

最後にこの動画が何か良かったので・・・

これからも謙虚に写真撮っていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする